DESIGNED & BUILT by MAEDA

シード鴻巣研究所

SEED Konosu Laboratory

純国産1日使い捨てコンタクトレンズの生産拠点である工場施設。近年の急激な燃料価格の高騰や環境問題への意識の高まりから、燃焼設備を導入しないクリーンで安全なオール電化工場をコンセプトに先進的なデザインで設計された。
蒸気による滅菌工程が不可欠であるためアキュムレーターを電気ボイラーに併設し夜間電力を有効活用して、ランニングコストの低減が行われている。また空調はエリア空調や24時間空調などを混在させ、高効率パッケージエアコンを基本に空調条件ごとに選定され、無駄な運転のないシンプルなシステムである。
医療機器メーカーとして「清潔な生産環境を維持」し、「環境への負荷が少ない施設」であることが重要とされ、オール電化工場にすることでこれらが同時に実現された。


所在地 埼玉県鴻巣市袋1030-7
主用途 薬品、化粧品工場
建築主 シード
設計・監理 前田建設工業
施工 前田建設工業 関東支店
竣工 2007年7月
面積 敷地面積 22,959.09㎡
建築面積 7,113.56㎡
延床面積 13,370.05㎡
構造 S造
規模 地上2階
最高高さ 14.98m