DESIGNED & BUILT by MAEDA

住田町役場

Sumita Town Office

岩手県住田町にできた純木造の庁舎である。工期と予算を厳守するためデザイン&ビルド方式のプロポーザルが採用され、森林・林業日本一の町をめざすシンボルとして他に類を見ない構造の木造庁舎が期待された。プロポーザル当選後に町との対話を経て、スパン21.6mのレンズ型トラスを外周1.8m間隔で立つ柱とラチス耐力壁で支える構造に辿り着いた。内外装にできるだけ木材を使用し、熱源にも木質ペレットボイラーを用いるなど建物全体が木造のモデルハウスとなることをめざした。


所在地 岩手県気仙郡
主用途 庁舎
建築主 住田町
設計・監理 前田建設工業・長谷川建設
中居敬一都市建築設計共同企業体
設計協力 近代建築研究所、ホルツストラ
施工 建築:前田建設工業・長谷川建設・中居敬一都市建築設計建設共同企業体
電気:参興電設、岩手電工
空調・衛生・機械:多田商店、双葉設備アンドサービス、東芝エレベータ
面積 敷地:7,881.03㎡
建築:2,746.04㎡
延床:3,116.80㎡
規模 地上2階
最高高さ 10.48m
構造 木造
竣工 2014年3月